• sasa

ラジオを始めた理由



実は、ラジオを初めて1週間が経ちます。


なぜこの時代にラジオなん?


って思った人もいるかと思いますが、「この時代だから」って理由も含めて、色々と理由はあります。それに関しては、こちらの記事に書かせてもらいました。


今日は、そんな内容で、ボクがラジオを始めた理由について書いてみたいと思います。



✅本記事のテーマ

なぜこのご時世にボクがラジオを始めようと思ったのか?

 

✅ラジオを始めようと思った理由

①自分の情報発信の場が欲しかったから。

②動画編集が負担になってきたから。

③YouTube参入に難しさを感じてしまったから。

 
①自分の情報発信の場が欲しかったから。

良質なインプットをするためには、まず良質なアウトプットを

そんな名台詞を、某ビジネス系の発信者の方が言っていました。

それも一人じゃなかったんです。



あと、ついつい隠してしまいたくなるような、恥ずかしくて人に言えないような経験ってあるじゃないですか?


それを、堂々と人に話すことで、笑い話にしちゃいたいなって思えたんですよね。笑

例えば、「27年間、一度も彼女ができなかった話」とか「運動音痴すぎてスポーツをやるのも見るのも興味を持てない話」とか、以前はすっごい恥ずかしかったんですが、人に話したらなんてことなかった経験がたくさんあったんです。


色々な人からアドバイスを聞いたり、自分でも考えていく中で、「まずは発信してみよう!」「自分をさらけ出してみよう!」と始めたのがNoteでした。


確かに、発信することを意識しながら過ごすと、見える世界が変わるんです。


でも文章書くのが苦手すぎて続かない...。笑


同時に目をつけたのがYouTubeでした。


しかし、このご時世、難しい...。


なぜ難しいのかは②③を見て欲しいです。



 
②動画編集が負担になってきたから。

10分の動画を編集するのに休日が潰れる。

動画編集は面白い。


特に、自分の好きなものをで自分で撮影して、編集までするのはとても面白い。


編集が終わった後の、みんなに見てもらえるのにwakwakしながら、YouTubeにアップしているあの時間が大好きでした。


プロのYouTuberさんたちの中でも、自分で企画、撮影、そして編集を全てこなしている人もいます。正直すごいです。


マジで時間がかかります!!!!


さらに、字幕を入れるとそれだけでプラス3時間くらい潰れます。


毎回、同じテイストの動画だし、自分の話した内容を何度も聞きながら文字起こしをし、字幕を入れるのに疲れ、字幕はやめました。


編集も最低限。


しまいには、


これ、動画である意味ある!?

とか思ってきたり。笑



 
③YouTube参入に難しさを感じてしまったから。

上には上がいる。

これを言ったらダメなんですが、上には上がいるんです。


自分の挑戦しようとしていることは、大抵、誰かがすでにやっているんです。

(しかも、もっと高いクオリティで...。)


誰かと比べるつもりはないのですが、そうなると、誰かの目について見てもらえるのも難しい。


じゃあどうするか!?


と言うことで、出会ったのがラジオだったのです!



その理由は以下の通り!

 

✅ラジオの良さ

①編集がいらなくて楽

②ながら聞きができる

③話す練習になる!

 

これに関しては別の記事で書いたので、ぜひそちらも見ていてくださいね!




あ、ちなみに、ちょっと恥ずかしいんですが、さっきアップしたラジオはこちら!




ボクの最新のラジオはこちらから聞けます。

毎日更新がんばってますので、ぜひフォローしてみてくださいね!



閲覧数:25回0件のコメント

最新記事

すべて表示
17361990_1174541499338151_83741889213766

sasa

笹瀬 正樹

 大学院を出たのに教員採用試験に落ち、青年海外協力隊への参加を決意。パプアニューギニアの小学校で、理科・算数の授業、モラルを学ぶ絵本制作、音楽プロジェクトなどを実施。帰国後は東アフリカ・タンザニアに渡り、JICA草の根の教育プロジェクトに関わる。(現在はコロナの影響で一時帰国中。)夢はパプアに移住し、子どもたちのための場作りをすること。

 

Himalayaで聴く

Apple Podcastで聴く

Spotifyで聴く